高すぎても低すぎても体にとって悪影響を及ぼしてしまうのが血圧です。今は血圧が正常値で心配ない方でも油断はできません。当サイトでは血圧を正常値に保つための方法をご紹介しています。

血圧正常化.comの2016年3月記事一覧

  • 高血圧のメカニズムと危険因子について

    血圧の値が、通常よりも高い数値を示した状態が続くことを「高血圧」と言います。基準とされる数値は、上の血圧(収縮期血圧)が140mmHg、下の血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上である場合としています。 高血圧のメカニズム…続きを読む