高すぎても低すぎても体にとって悪影響を及ぼしてしまうのが血圧です。今は血圧が正常値で心配ない方でも油断はできません。当サイトでは血圧を正常値に保つための方法をご紹介しています。

高血圧で死亡に繋がる病気と予防の食べ物とは

高血圧は、自覚症状が出たときには、生死に関わる病気になってしまう可能性があり、死亡の要因ともなってしまう可能性があります。
高血圧により死亡に繋がる病気として、日本人の死亡原因の2位の心臓病と、3位の脳卒中が挙げられます。
高血圧予防の食べ物として、まずは、牛乳のたんぱく質の中の含有アミノ酸が交感神経を刺激して血圧を下げる効果を持っております。牛乳は血圧を安定させて動脈硬化を防ぐ役割もします。
次に高血圧予防の食べ物として、トマトが挙げられます。トマトには、毛細血管を強くする働きがある、ビタミンCと、血管の浸透性を与えてくれます。またビタミンPには、毛細血管からの出血を防止する働きがあり、毛細血管を強くして保護し、高血圧を予防することができます。
また、納豆は、コレステロールをほとんど含んでおらず、食塩も加えてなくて、食べるときにも少量です。含まれている成分の中で、リノール酸が体内のコレステロールを低下させる働きがあり、ビタミンEには脳血管障害や心筋梗塞の原因になる粥状動脈硬化賞にたいして有効です。
ビタミンCが不足することで、血管が弱くなって、高血圧になりやすくなって、身体の抵抗が弱くなって病気にかかりやすくなります。それを解消するためにビタミンCが多く含まれている柿がとても有効です。レモンにも、クエン酸の作用により、老廃物の排泄と血液を新しくする作用があり、りんごには、無機質のカリウムを多く含むため、ナトリウムの害を防ぐ働きをしてくれます。
高血圧予防の食べ物を食べることで、それに繋がる成人病などの予防にも繋がるので、上手にそういった予防の食べ物を摂ることが身体にとってとても大切なことです。