血圧正常化.com

高すぎても低すぎても体にとって悪影響を及ぼしてしまうのが血圧です。今は血圧が正常値で心配ない方でも油断はできません。当サイトでは血圧を正常値に保つための方法をご紹介しています。

血圧をコントロールする医薬品

血圧は本来の人の身体の中だと低くなりすぎないよう、高くなりすぎないようにコントロールがされています。
しかし普段の生活の中でそうしたバランスが壊れてしまった、何かの病気によってコントロールが出来ない状況になってしまったという人は決して少なくありません。
ただ、現代で言うのであればどちらかというと高血圧症に悩まされる人の方が多いわけですから、コントロールが出来ない状況になるとすれば、それは血圧が高すぎる状態というのが多くなります。
ではそうした際に利用される薬はどういったものがあるのかというと、メインテートのような血圧を下げる薬があります。
現在第一選択、つまり良く利用される薬として使用されるのはカルシウム拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬、ベータ遮断薬の五種類です。
これら全てが一度に用いられるということは無く、基本的にはそれぞれの人の症状に応じて選択されることになります。
このようにいくつかの薬があると「最も効果的な薬が欲しい」と考える人が多いのですが、しかし現実において、そのような考え方は出来ません。
効果が大きいということは人の体に与える影響が大きいということであり、そして人の体に与える影響が大きいのであればそれだけ副作用のリスクが出てきてしまうからです。
そのためそれぞれの症状に応じて何が最も効率よく使用できるかということを考えて処方がされるようになっています。
ただ、比較的よく利用されているのがARBとACE阻害薬の二つです。
これは頻脈、狭心症、骨粗鬆症の三種類の症状がみられていない、もしくは軽度であるというような患者さんに対しては良く処方されます。
これらの薬はどちらも人体の中で生成されるアンジオテンシンIIという物質に対して効果を発揮する薬であり、ARBは物質が受容体に結びつかないように働きかけ、ACE阻害薬は物質の生成を抑えるという形で効果を発揮します。
特にARBは臓器を保護する効果も認められているため、合併症リスクが大きいと判断される患者さんにはよく処方されることになるでしょう。
ただ勘違いしてはならないのが、これはあくまでも処方される機会が多いと言うだけでしか無いということです。
例えばカルシウム拮抗薬は降圧作用が最も高く臓器の血流を保つ効果が強いという特徴がありますから、臓器障害を持っている高齢者の方に対してはよく処方されていますし、明らかに危険な状態にあるというのであればこれら全ての薬を併用するということもあり得ます。
最終的な判断に関しては主治医との相談になりますから、必ず医師の判断に従うようにしてください。

→おすすめの薬 通販